2019年の隅田川花火大会はいつ?混雑と規制を避けて楽しむ方法とは?!

花火大会

 

隅田川花火大会は混みすぎて楽しめないと思っていませんか?

じつは、混雑を避けてゆっくり花火が見れる場所もあります!

 

この記事では、2019年隅田川花火大会の鑑賞ポイントについて解説していきます。

隅田川花火大会の鑑賞ポイント

  • 日時・会場・打ち上げ数
  • 荒天時の対応について(実施/延期/中止)
  • アクセス(最寄駅)・交通規制
  • 混雑状況・場所取り時間
  • 坐ってゆっくり花火が観れる場所
  • 花火と屋台が両方楽しめるコース例
  • 雨天時の対策(実施の場合)
  • 禁止事項・注意事項

 

ではさっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

【2019年】隅田川花火大会の日時・会場・打ち上げ数

 

2019年の隅田川花火大会は、以下の日時で開催されます。

2019/7/27(土) 19:00〜20:30    ※第2会場は19:30〜20:30

 

会場は、第1会場第2会場に分かれます。

会場別の時間と打ち上げ数はこちらです。

  • 第1会場: 19:00〜20:30  (約9,350発)
  • 第2会場: 19:30〜20:30  (約10,650発)

 

今回の打ち上げ数は、合計で約2万発となります。

スポンサーリンク

荒天時の対応について(実施/延期/中止)

荒天等のため実施できない場合は翌28日(日)に延期し、両日とも実施できない場合は中止とする。

なお、実施の可否の判断は、原則として当日の午前8時に行う。

引用:公式サイト

 

隅田川花火大会へのアクセス(最寄駅)・交通規制

電車や地下鉄で行く場合、最寄駅は会場別に異なります

第1会場・第2会場の最寄駅:

  • 第1会場: 浅草駅     (押上駅・東京スカイツリー駅・曳舟駅)
  • 第2会場: 蔵前駅、浅草駅 (両国駅・浅草橋駅)

 

2019年の隅田川花火大会の来場者数は、約95万名と予想されております。

18時からは第1会場付近・第2会場付近の一般道路とも交通規制がかかり、行きたい場所へ移動することも困難と予想されます。

両会場とも楽しみたい方は、昼頃や午後の早い時間から会場へ行くことをおすすめします!

※会場付近の地図は、隅田川花火大会の公式ホームページをご参照ください。

 

会場別の混雑状況|場所取りは何時から?

第1会場の混雑状況と場所とり時間

隅田川花火大会の第1会場付近は花火開始直前から大変混雑するので、会場近くで合流する事は厳しいでしょう。

それに加え、屋台を回ることやトイレもままならない可能性が高いので、第1会場へ行く時は十分前もって行きましょう!

※トイレの場所は、会場付近のトイレマップをご参考にしてください。

 

第1会場付近の橋や一般道路では、18時頃から交通規制がかかります。

交通規制が始まると、警察の指示に従い歩きながらの花火鑑賞となりますのでご注意ください

 

第1会場付近で場所取りをする場合は、午前中や昼頃から行くと安心でしょう。

午後から行くと場所が取れない可能性が高くなります

 

第2会場の混雑状況と場所とり時間

第2会場の蔵前駅付近では18時頃から交通規制に入り、付近の一般道路は歩行者天国となります。

18時より前は車両通行のため、場所取りは禁止です

逆にいえば、18時に行けばいい場所が取れる可能性が高いです。

 

第2会場はそれほど混雑しませんので、シートを敷いて坐って花火を鑑賞できる場所もあります。

屋台などの露店はありませんが、厩橋付近のセブンイレブンなどは店頭で売り込みをしているので、ちょっぴり屋台気分を味わう事ができます(笑)

第2会場付近はコンビニも多いので、買い物やトイレも便利ですよ。

 

坐ってゆっくり花火が観れる場所は?(答え:第2会場です)

打ち上げ花火

 

第1会場でも第2会場でも坐って花火が観れる場所はあります。ただし第1会場の場所取りは午前中や昼頃から行かないと場所が取れない可能性が高いです。

一方で、第2会場は18時の交通規制がかかってからはじめて場所取りが可能になるので、18時直前に到着すれば場所が取れます。

ただし第2会場では花火がビルに隠れて見えない場所もあるので、近くのお店やコンビニの店員に花火が綺麗に見える場所を聞いてみましょう。

穴場スポットがわかる事が多いですよ♪

花火と屋台が両方楽しめるコース例

 

屋台などの露店があるのは、第1会場のみとなります

しかし花火開始直前からは大変混雑するので、屋台を回ることは厳しいかと思います。

数年前に花火開始直前に第1会場へ行ったときは屋台を回ることも友達と合流することもできず、交通規制で人混みと一緒に歩きながら花火を観ました…T T

 

そこで今回は、花火と屋台が両方ゆっくり楽しめるコースをご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね♪

12時〜18時
  1. 厩橋近くのセブンイレブンやお店の店員に、花火がよく観れる場所を聞く ※把握していない場合もあるので予めご了承ください
  2. 第1会場近くの屋台を回る
  3. 17時頃には第2会場へ移動する ※それ以降は混雑に巻き込まれる可能性があります
18時〜19時半
  1. あらかじめ聞いた花火がよく観れる場所へ行き、場所取りをする
  2. 近くのコンビニで買い物やトイレを済ませる
19時半〜20時半  花火を楽しむ

 

雨天時の対策(実施の場合)

 

花火が始まってから雨が降ることもあります。以前の隅田川花火大会も、雨の中で実施された事があります。

その時の経験を踏まえて、雨天時の対策ポイントをご紹介しますね!

雨合羽を持参しよう

最近は連続で天気の悪い日が続いたので、花火大会当日の天気も少し心配ですね。

花火大会の途中で雨が降っても、混雑で雨宿りが難しい場合もあります。花火大会が終わって家に帰るまでも長い道のりなので、雨予報がなくても雨合羽は持っていきましょう!

 

傘でも大丈夫じゃないかと思う方も多いと思いますが、人混みの中で傘をさすと不便ですし、危ないこともあるでしょう。

思わずトラブルに巻き込まれないためにも、雨合羽を持参することを強くおすすめします!

どうしても傘なら透明のビニール傘を用意しよう

さらに、傘をさしながら花火鑑賞すると後ろにいる方は傘に遮られ花火が見えない可能性もあります。

どうしても傘を持っていく場合は、透明のビニール傘を用意すると後ろの方の視線を遮ることはないでしょう♪

とはいえ、やっぱり雨合羽が最善かと思います^^

雨に濡れにくい鞄・バッグを持っていこう

持ち物や屋台などで買った美味しい食べ物が雨に濡れてしまうと悲しいですよね?

雨から身を守ることはもちろん、持ち物や買った食べ物なども守ってあげましょう!

 

禁止事項・注意事項

せっかくの楽しいイベントですから、人に迷惑をかけたりトラブルにはなりたくないですよね?

トラブルなく楽しめるように、事前に花火大会の注意事項に目を通しておきましょう。

詳しくは隅田川花火大会の公式ページの禁止事項と注意事項をご参照くださいね。

おわりに

隅田川花火大会の以下の鑑賞ポイントについてご紹介しました。

これ以外で知りたいことがあれば、ぜひコメント欄で教えてくださいね♪

  • 日時・会場・打ち上げ数
  • 荒天時の対応について
  • アクセス(最寄駅)・交通規制
  • 混雑状況・場所取り時間
  • 坐ってゆっくり花火が観れる場所
  • 花火と屋台が両方楽しめるコース例
  • 雨天時の対策
  • 禁止事項・注意事項

 

では準備をしっかりして、年1度の隅田川花火大会を最高の思い出にしちゃいましょう!^^

 

*最後まで読んでいただきありがとうございました*

スポンサーリンク

 

 

2 件のコメント

  • ありがとう!!すごい分かりやすいっww
    助かった〜〜
    グルメも楽しみでーす。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    error: Content is protected !!